第13回「鹿児島韓国研究会」講演会案内


要        旨

木村 拓 講演
 
  都城島津邸(宮崎県都城市)には、弘治13年(1500)正月の日付を有する朝鮮国王の 琉 球国王宛の 国書が伝存しています。同国書は、現存する朝鮮国王の国書としては最も古い もので あり、大変貴重 な史料です。本講演では、同国書を紹介しつつ、当時における朝鮮 と琉球の交流の様 相についてお話 ししたいと思います。  


申定姫  講演     
 体感温度という言葉があります。実際の温度と関係なく、身体で感じる温度を言いま す。それは一人 一人違います。<br> その意味で皆様に私の鹿児島での経験をお話ししようと思います 。平凡な韓国の 中年女性が鹿児島で生き残るために奮闘した内容の中に、韓国の文化や思考方式、日本 を眺める視線も 込められています。
もちろん、皆様の体感温度と違うこともあり得ます。しかし 、歴史も文化も 一人、一人の温度と意見が集まってできるものですから。