「南日本新聞」に「互いの歴史学び議論」(井上和枝)掲載される。